車両図鑑


特急・急行型車両


普通車両

4000系

しまなみ線の一部区間の普通列車のワンマン化に伴い、2006年より導入が始まった車両です。海辺を走る機会が多いため、錆に強い強化ステンレス車体が採用されています。側面は単調にならないよう、ブロック形式の配色となっています。車内はクロスシートを基本とし、車端部はロングシートで、トイレが設置されており、LCDの運賃表や車外スピーカ―などが設けられ、ワンマン運転に対応しています。

所属車両区 愛媛本社今治新都市車両区(愛イマ)
所属車両数 32両16編成
製造初年 2006年
ブレーキ 空気・回生
制御方式 VVVF

13000系

老朽化の進む3000系の置き換え用として2008年に登場。4000系をベースとし、3両+3両で主にしまなみ線・北条線の急行として運用されています。前面幕・方向幕には当社で初めてフルカラーLEDを採用。車内はロングシートとボックスシートが千鳥配置されており、ラッシュ時と長距離輸送の両立がなされています。2015年からは日中の急行での都市型ワンマン運行に対応するため、自動放送装置やホーム上確認モニターなどが設置されました。

所属車両区 愛媛本社今治新都市車両区(愛イマ)
 所属車両数  30両10編成
製造初年 2007年
ブレーキ 回生
制御方式 VVVF

4500系

近日運行開始予定の、新日本公共交通5社協同特別列車「九州瀬戸内漫遊トレイン」に使用される車両です。

13000系をベースとしていますが、2扉車のため4000番台の形式名称がつけられています。

所属車両区 愛媛本社今治新都市車両区(愛イマ)
 所属車両数 12両2編成 
製造初年 2017年
ブレーキ 回生
制御方式 VVVF